顔のむくみ原因と解消

FrontPage

顔のむくみを解消する

顔のむくみとアルコール類

  • 顔むくみが出たときの解消法はどうするの?
  • まず、かがみで顔をチェックしましょう。むくんでいたら朝、分を取るのを控え目にしましょう。
  • すぐにお風呂に入ることができれば、入浴します。入浴中に汗をかいて水分を減らすのもお薦めです。

酒を飲んだ後は?

  • 飲んで脱水になると喉が渇いて水を飲みます。特に宴会などの翌朝、ふっとかがみを見た時、特に女性の場合は、中途半端に落ちた化粧で、丸顔になった自分に驚いたことはありませんか?
  • 飲んだ日は早めに就寝して、いつもよりも一時間程度早起きするのも効果的です。

ビールの利尿作用

  • 喉が乾いているときにグッと飲むと美味しいビールですが、数時間の単位で考えると脱水症の原因となります。ビールには複数の利尿効果があるからです。
  • ビールが持っている利尿作用は水の利尿作用、ビールの成分のカリウムの利尿作用、アルコールによる利尿作用、苦み成分のホップによる利尿作用と多くの利尿作用があります。
  • 酒席で乾杯のあとは、さらに料理やつまみなどの利尿作用の効果も加わる事になります。

なぜ喉をすぐにビールは潤す

  • 喉が渇いた時のビールが美味しいのは確かですね。酒飲みの経験からは、ビールを飲んで程よく、状況に酔っていると初めの飲み始めより美味しく感じなくなることがあります。
  • ビールを飲めばすぐに胃に行って吸収されるので、短時間で乾きが癒されたように感じます。

アルコールと水分の摂り過ぎ

‐胃は水を吸収しませんが、アルコールと一緒なら水も吸収します。
‐アルコールが入っていない場合、胃は水を吸収しません。吸収過程は胃から小腸に水が移動して、やっと水が吸収され始めます。水が吸収されるまでに結構な時間がかかるのです。

‐アルコール類は種類を問わず、飲酒した場合、軽い脱水症になります。
‐飲んだ後、水分が欲しくなる経験はどなたにもあります。水を飲んでもすぐには、喉の乾きは変化せず、飲み過ぎることになるのです。

水分摂り過ぎ予防策は?

  • 「少しずつ」水分を摂取することです。とはいえ酔った状態でコップやペットボトルから一気に飲むと、飲み過ぎは避けられません。
  • 一気には飲めない、すなわち少しずつしか飲めない工夫が必要です。ストローやショットグラスから水を飲む事をお薦めします。
  • 時間が経って腸からも水の吸収が始まると、最初ほどの喉の乾きが癒される感じが薄れます。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional